葛城修験道の歴史  先頭ページへ戻ります。  年間行事 修行場のご案内  復刻勧進  境内のご案内  地図  問い合わせ
そんなに肩肘はらずに、山に来たら気持がいいとか、自然に親しみながら少しだけ良いお話を聴くとか、水や岩や石や木と一体化する自然の摂理を学びながら、自然の中で生かされていると感じる心を養うことから始まります。勿論、厳しい修行もあります。今の時代に何か忘れていると感じられるとき『仲間』と語りあいませんか。今、集まっている仲間の人達もいろいろと長けた方がいっぱいいます。だから仲間が多いほどお役に立つことが多いと思います。お気軽に声をかけてください。

名称 金剛山転法輪寺 「司講」(つかさこう)
講元 金剛山転法輪寺 第六十一代住職 葛城光龍
入講条件 男女年齢不問(ただし、住職の問答有り)
会費 不要
実動費 その都度徴収させていただきます。
「司講」では「登拝寶印帖」をご用意しています。
登拝寶印帖についてのお願い
 一、登拝回数を競う様な、無理な登拝はなさらないで下さい。
 二、なるべく夜明けより日没までの日中にご参拝下さい。
 三、寶印帖への納経は、本堂等諸堂への巡拝後に致します。
 四、百日参り成満記念として、報告勤行致します。
 五、寺務所留守にてご迷惑をお掛け致しました時は、後日まとめて納経させて頂きますので、メモをしておいて下さい。
左記、寶印帖は、司講の宗教活動により発行させて頂いております、何卒、ご理解とご協力をお願い致します。     合掌